私の実家は物が多く、
子供部屋なんて「足の踏み場がない」くらい
おもちゃ、ぬいぐるみなどで溢れていました。



そんな環境に22年いました。
さらに両親も不仲で、
喧嘩ばっかりしていました。
とにかく早く家を出たくて仕方なかったです。



大学時代は家に帰りたくないから
当時の彼氏の家に入り浸ったり、
就活生になったら
実家から絶対通えない遠方に
就職を希望したくらい。
(理系だったので地方勤務になる企業が多く、むしろ好都合でした笑)



そんな、逃げるように実家を出た
社会人一人暮らし生活。



当時はそこまで
「キレイな家をキープしよう」
という気持ちはなく、
あれよあれよという間に
物が増えていきました(^_^;)



物が増えたら
収納ボックスを増やす始末。
典型的な捨てられない女。



片付けに目覚めたのは
結婚して節約を始めた時。
ほんの数年前からです。



そんな私の
「汚部屋にならない為の小さな心掛け」を
ご紹介します。




試供品は貰わない、貰ったら当日中に使い切る


FullSizeRender


昔は街頭で配っていた
化粧品のサンプルは絶対貰っていました。



サンプルはすぐ使わずに
「旅行用」「もしもの時用」といって、
大事に箱に取っていたという。



でも、結局
旅行には普段使いの化粧品を使うし
化粧品が切れそうになったら買いに行くから
「もしもの時」なんて全く訪れませんでした。



はい、
意味なし!!



サンプル消費するのにも時間がかかり、
結局最後は捨てちゃいました。



そんな事もあり、
今はサンプルは出来るだけ貰わない。



たまにドラッグストアで
サンプル入れておきますねー
と勝手に入れられる時がありますが、
そういう時は
当日中に使い切るようにしています。
(咄嗟に断れないチキンハート)



ちょっとした心掛けですが、
「無料でも使わない物は家に入れない」
を心掛けるようになってから
物への執着が減りました。



大概のものって、
なかったら無かったで
暮らしていけちゃうんですよね。



今は基礎化粧品を使っていません。
なくても肌は元気です。
逆にニキビが減って嬉しいくらい!



服もお気に入りの服が3セットあれば
満足だし、
靴やカバンも日常使いのものは
2、3個あれば十分。



収納ボックスも
買う前に要らないものを捨てれば
そもそも買う必要はない。



こんな感じで、
少しずつ「なくても大丈夫」という
経験を積んでいる最中です。



ハッとして気づいたのは
試供品サンプルという、
小さな物でしたが
そこから学んだことは数知れず。



些細な気づきから
暮らしが大きく変化していきました。



ミニマリストには程遠いですが、
自分なりの
「少ないもので小さく暮らす」を実践中です(*´-`)



ではでは、
最後まで読んでいただき
ありがとうございました!




▽読んだよ!の印にポチッとお願いします♡
にほんブログ村 その他生活ブログ 汚部屋・汚部屋脱出へ
にほんブログ村




▽読者登録お待ちしております!





▽Instagramのフォローも嬉しいです♡
79B267BE-AB41-42A0-9BDC-0259B7721CF0