今日読み終わった本
「四十九日のレシピ」がとっても良かったです。





生きている、生活をする。気にかけることがあり、気にかけてくれる人がいる。それだけで人は誰かを飛ばし、飛ばしてもらい、一緒に前に進んでいる気がします。


人と人とのつながりがとても温かく、
心の奥底がじんわりとあったまる
そんな小説でした。



後妻である乙美を突然亡くした夫と、
継子の百合子。
この父娘がゆっくりと
前を向いて歩いていくための
四十九日のレシピ。



食べ物中心の話かと思いきや
そうではなくて、
心の動きが丁寧に描かれています。



身体に優しいものを食べて、
日々の暮らしを大切に生きる。
自分を大切にすることは、
生きること。



残された人の生活は続いていくからこそ、
しっかり暮らそう。



この本を読んでそう思いました。



産後、欲望のままに食べていたので
そろそろ元の食生活に戻らなきゃな…。




それでは、
 最後まで読んでいただき
ありがとうございました。




▽読んだよ!の印にポチッとお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村




▽読者登録お待ちしております