平野紗季子さんのエッセイ
「生まれた時からアルデンテ」を読んでいます。



平野紗季子さん、
めっちゃ好きなんですよねぇ( ´ ▽ ` )



見た目もかわいいし、
食べ物に対する情熱と
それを的確にリポートできる語彙力、
独特の視点と発想力、
天才だと思う(`・ω・´)








その中で、
小さな散財をしたくなったら、
迷わずレストランの門を叩こう。 
必ず新しい世界に連れ出してくれるし、
いつの間にか埃をかぶる雑貨より、消えてなくなる料理はすがすがしい。
 (P147より引用)
という部分に「なるほど」と。



執筆当初、平野さんは大学生。
20代前半でこの境地に辿り着けるとは、
さすがです。



凡人な大学生だった私は
散財したくなったら
迷わず服を買っていたと思う。




でも、経験からして
衝動的に買った服って
だいたいタンスの肥やしになるんですよね。



買った時が満足感のピークで、
あとは下がるのみ。



3,000円の服代を
食事に充てたら
結構良いものが食べられるし、
満足感は同じだとしても
物みたいに形としては残らず
「美味しかった」という
思い出だけが残るわけで。



そういう意味では
すがすがしい
お金の使い方だなぁと
思いました。



私もそういう
すがすがしいお金の使い方がしたいです。




今の自分なら、
小さな散財したくなったら
本を買うなぁ。



FullSizeRender




単純に
読みたい本がいっぱいあるし、
書店で初めて見つけた本を衝動買い
っていうのも楽しい。



本を読まなくても死なないけど、
読むことで新しい発見ができる。
それがとても楽しいです。



物が増えるのが嫌なら
電子版を買えば良いし、
紙の本は読んで思いっきり楽しんだら
潔く手放しても良い。



そう考えると
小さな散財をしたい時、
自分の趣味に使うのが
すがすがしいお金の使い方なのかもしれません。




ではでは、
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。



▽読んだよ!の印にポチッとお願いします
にほんブログ村 その他生活ブログ 貯金(個人)へ
にほんブログ村



にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ
にほんブログ村



PVアクセスランキング にほんブログ村




▽読者登録お待ちしております